スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰の継承とかあれこれ

今、どこの教会もそうだけど、わりと全体的に高齢化してるんじゃないかなぁと思う。
もちろん、教派によっても教会によっても違うと思うけど、若い人が多くて元気な教会というのは少ない。

確かに、若い人が多い教会もあるけど、その定着具合は決してよくないのではないだろうか。
なぜなら、3~4年後にその教会に行くと、見覚えのある若い人がいないことのほうが多いから。

あくまで例外はあるとしても、どの教会も高齢化が1つの悩み。
んで、おそらく、それは地方の教会であればあるほどしんどいのじゃなかろうか。

そもそも、自分のいる町もそうだけど、ある程度の大きさながら、若い人たちは都会に出てしまう。
札幌だ、仙台だ、そして東京だと。

早ければ高校生からもう、親元を離れて一人都会で暮らす場合もある。


ぼくが子どものころは、まだ路上で遊ぶ子どもも多かったし、教会に行ったとしても一緒に遊ぶ仲間がいた。
日曜学校を開いても来る子どもがいた。
もちろん、都会の大きな教会だったから、学年は違っても、日曜日ごとに夕方まで遊ぶ仲間がいた。
子どもだけで回数券を握りしめて電車に乗り、子どもだけで夕方遅くに帰ってきた。
高学年になってからは10kmくらいあったけど、自転車で行くのにチャレンジしたりした。

まぁ、割と、子どもだけで外に出すことに寛容だった気がする。

でも、これが中学生になり、高校生になると、“部活”ってやつがあって、だんだん仲間たちも来なくなる。
それでも、教区のつながりの中で、他の教会に行ったり、高校の時はすぐに部活をやめちゃったこともあって、何となく教会に行き続けていた。
少なくとも、自分より年の小さい子達は、まだ教会に来れていたから、それと当時教会に住んでいた神学生がおもしろい人だったってのもある。

何となく、あの頃は楽しかった覚えがある。
そして、正直に言ってしまうと、日曜学校で習ったことや、バイブルスタディの内容なんてさっぱり覚えていないし、サボりまくっていた。
礼拝の当番は、いろいろやらされたけど、そんなのはサボって遊びに行きたかった。
当番がないときは、教会には行っていたけど、遊んでて、礼拝にまともに出たことはほとんどない。
決して自慢できることではないのだけれども事実だ。

だけれども、ぼくは今、牧師として、故郷を遠く離れてここにいる。


よく、“信仰の継承のために、子どもたちをきっちり教育する”というようなことが言われる。
でも、そんなことじゃ信仰の継承というのは起こらないと思う。

自分をソースにして語るのもおかしいけど、同世代や少し下で教会に残っている人たちは、だいたい顔見知りで、一緒にバカな事をやっていた仲間がほとんど。
顔を合わせると話すのは“あのころは楽しかったよな”ってこと。

少なくとも、きっちり教育するとかそんなことの前に“教会に来るのが楽しい”と思えることが重要なんじゃないだろうかと思う。
楽しいから教会に来るし、自分を認めてもらえるから残るのだと思う。

その先に、礼拝にきっちり出るとか学ぶとかそういったことがあるのではないか、と思う。
唯一おぼえているバイブルスタディの内容は、イスラエルの歴史についての雑学。
何となくだけど、話が面白かった記憶がある。

楽しいだけじゃダメってのもわかるんだけど、ぼくたちはみんな“未完の賜物”を持っている。
完璧な教会少年とか完璧な教会青年なんて、いつまでもやれるもんでもない。
色々足りなくたっていいじゃないかと思う。
いいじゃないか、楽しいから教会に来るってのも。


もちろん、地方の教会だと同世代の子があまりいないってのも問題。
自分ひとりじゃアレだし、人数が少なくて、しかも気が合わないなら最悪だ。
余計に行きたくないもん。

だから、教会に残っているおじいさん・おばあさんたち、おじさん・おばさんたちにお願い。
教会にもし子どもたちが来てくれているのなら、楽しませてあげてほしい。
そして、バカな話に付き合ってやってくれ。
上から目線で倫理的に正しいことを語るのじゃなくて、ちょっぴり悪いおじさん・おばさんであってほしい。

まぁ、そもそも教会に若い人が来ない場合は・・・、どうしましょ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。