スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなろうそくを作ってみた

うちの教会に、代々受け継がれてきたらしいちびたろうそくが大量にある。
説教台の下やら、聖書朗読台の下やら、ベストリーの棚の中やら、もう大量に。

邪魔くさいので、何とかしてやろうということで、大きなろうそく作りにチャレンジ。
そうだ、どうせなら、イースターに使う復活のろうそくを作ろう。
もう過ぎちゃったけど。


というわけで、材料を調達。
塩ビパイプ、ろうそくの芯糸、わりばし、潤滑スプレー等々。

で、できたのがこちらの型。
型


長さ1メートル。
底から芯糸を通して、上部に割り箸で固定。
塩ビパイプにはシリコンスプレーを塗って、外しやすいように。
ちゃんと外れなかったら、労力が無駄すぎる、とか思いつつ、作業開始!

まずは、大量のろうそくの切れ端を湯せんしていきます。
湯せん

ちびたろうそくの芯は、ろうが溶けてから丁寧に取り除きます。
こげた部分を切っておくのを忘れたので、少々細かい黒い破片が入っちゃったけどよしとしよう。


んで、溶けたはしからパイプにどんどん流し込んでいきます。

最終的に棚一杯のちびたろうそくをほぼ使いきることができました。
完成?

とりあえず型から外したところ。
シリコンスプレーのおかげか、あっさりとパイプから抜くことに成功。
シリコンが残っていて、表面がえらくぬるぬるです。

完成品

芯を適当な長さに切って、表面を拭いて完成!!
市販の“復活のろうそく”に比べれば、表面はざらついてるし、ところどころに空気が入っているなど、あらが見えますが、遠目から見れば大丈夫・・・だと思う。

あとは、表面に飾り付けをして、復活のろうそくの完成です。
教会員さんに、台を作ってもらおうっと。


・・・問題は作業した台所に大量のろうがたれちゃったことと、予想はしてましたが、ろうを溶かすのに使ったナベが、ろうそく専用になったことです。
やれやれです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。