スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育った環境に物申す

大学生たちがケンカをしている。
その中身は「田舎モノ!」と言ったとか言わないとか。

話だけ聞くと些細なことに違いないが、いろいろと考えることもあった。

なるほど、確かに言われたその子の育った場所は田舎である。
北国の中でも、“ど”がつくほどの田舎であり、村中全員顔見知り、経済状況やらなんやらまで全部知っていて、学校の一学年が5人とか10人とかそんな環境である。

事実としては、言った子の育った環境と比べれば田舎モノであろう。

しかし、言った子の環境だって、別にすごい都会というわけじゃない。
大都会近郊の町で、人口10万人ほど。
そこそこの町だが、都会と呼ぶには差しさわりがある。

首都圏で生まれ育ったぼくからすれば、結論「どちらも田舎モノ」なのである。
“めくそはなくそ”“五十歩百歩”という言葉がぴったりだ。
(誰かわかっても言っちゃだめですよ。念為)

ただし、ぼくは“彼らのことを田舎モノと呼ぼう”とは思わない。
というより、そんなこと考えたことがなかった。
言ったところで変えようのないことについて指摘したところで何になるのか、と思うからである。

何かで書いたような気もするけど、人は“どこに・いつ”生まれるかを選ぶことができないのだから、それに関して優劣をつけてあれこれ言うのはナンセンスだと思う。

人はそれぞれ育った環境が違う。
それぞれによかったところ、悪かったところもあるだろう。
自分には価値が見えなくても、他の人にはすばらしい価値があるものだということはよくある。

それに、何をいいと感じるかも違う。
それにはいろんな原因があるだろうし、本人の感覚の問題なんだから、それをとやかく言っても仕方がないと思う。

ぼくは首都圏で生まれ育ったけど、別に都会っ子として洗練されたファッションセンスを持っているわけじゃないし(どちらかというとくそダサい)、新宿も渋谷も行ったことがあるけれども、詳しくはないし、おしゃれなお店は苦手である。人ごみも苦手である。
今の音楽シーンに興味もないし、テレビもあまり見ない。
かと言って、外に出かけるわけでもないし、暇さえあればひきこもって本を読んでいる。
んで、北国まで来て何をやっているかというと、畑を耕したり、味噌・梅干・漬物・ベーコンなどなどの手作り食品をのんびり作ったりしている。
子どものころはむしろひ弱なほうだったけど、筋トレにいそしんだり、朝ランニングをしたり、今はそちらのほうが性に合っているというだけの話である。
はっきり言って、大都会の教会よりは、今いる地方の教会のほうが性にあってるなぁと思っている。
ただ単に都会は性に合わないだけなのであるが。

最近、定年後の田舎暮らしがブームらしくて、北国の地方の村にも流入する人がいる。
彼らにとっては、自然が豊かでいいところなんだろうけど、ぶっちゃけ彼らはそこに都会の暮らしを持ち込んでいるだけにしか見えないことがよくある。
そこの村の人間関係にどっぷりはまろうとしたらものすごく気苦労が多いものである。
少なくとも、よそ者のうちはかえって快適なのかもしれない。
でも、彼らにその中で育った苦労はわからんだろうと思う。

でもまぁ、「そういう人たちにはわからない」と言って壁作ってても仕方ないんだけど、それは置いとく。
だって、それはベクトルが違うだけで「田舎モノ!」と言う人たちと変わりがないんだもん。

さてさて、ぼくがちょっと問題だなぁと思ったのは、「田舎モノ」という言葉を発した子の方である。
本人が意識しているのかはわからないが、ぼくには少なくとも“明確に悪意のある”言葉のように聞こえる。

何度も繰り返すけど、本人にどうしようもない状況に関して指摘したりバカにしたりすることは、ものすごい攻撃で、一種の呪いである。

これに対処する方法はぼくは唯一つだと思う。
それは“全力で遠ざかる”ことである。
それを発した人間が、気がついてそれをやめるということはほとんどありえない。
少なくともそれを“事実だからいい”と思っている限りは。
言った人間にとってはただ一度のことだが、少なくとも聞いた人間にとっては一度の出来事にはなかなかならない。
その本人を目の前にするたびに、その言葉がリピートされるような気がしてしまうから。

そうやって、人は呪いにかけられていく。
だから、呪いにかからないように全力で遠ざかるのがいいとぼくは思う。

最近、この手の“呪い”を使う人たちに多く出会うようになった。
仕事柄なのかもしれないけど、でも、教会の中にこの手の人はとっても多い。
立場上、全力で遠ざかることのできない人もいるので、ぼくの頭の中には、この手のプチ○○さんがたくさん住んでいて、ぼくが何かをするたびに口うるさくやかましく言うので、最近ちょっと困っている。
だから呪いって言うんだけど、なかなか解除する方法が見つからない。
ドラクエとかだったら、教会に行って呪いを解いてもらえるんだけど、現実の教会は、むしろ呪いばっかり増やしているのは気のせいか?

育った環境が違うってことは“すごい”ことなのに、だから人は多様なのに、その多様性を受け入れるんじゃなくて、ある一定の枠にはめようってのは、なんて“無粋”なんだろうなぁ。
と、いろいろ考えてしまった6月なのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。