スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑の管理いろいろ

大分天気もよくなって、気温も高め(でも30℃とかなめてる)なので、畑の作業がはかどります。

まずは、元気の無いキュウリのネット立て。
行灯を外して支柱を立て、ネットに蔓を誘引します。

CIMG0519-1.jpg

あまりに元気が無いので、3日ほど前に液肥を施しました。
うまく伸びてくれるといいのですが、べと病の予感もするので、目が離せません。


そして、トマトの花が咲いてきたので、トマトトーンにてホルモン処理をします。
トマトは一番花に実がつかないと、今後の実つきが悪くなるのです。

CIMG0520-1.jpg
CIMG0521-1.jpg


さらに翌日、少々曇り空ですが、とうきびを間引きして一本立ちにした後、中耕、追肥です。

まず、畝と畝の間に化成肥料をまいて
CIMG0525-1.jpg

そこを耕します。
CIMG0526-1.jpg

耕した肥料の混ざった土をとうきびの根元に寄せておきます。
とうきびは背が高くなるので、風などで倒れるのを防ぐためでもあります。
あと、めちゃめちゃ肥料を喰うので、しっかりやっておかないと栄養不足で倒れますから。

というわけで完成。
CIMG0527-1.jpg

さらにじゃがいもも間引きをしつつ、土寄せ。
かわいそうですが、間引きしないと小さなイモばかりになってしまいます。
とは言え、小さなイモもほしいので、1本立ちのと、2本立ちのとを作ります。

そこらじゅうから生えている野良イモは、かわいそうだけど抜きます。
実を見たら赤かったので、アンデスレッドだろうか?

CIMG0528-1.jpg

というわけで汗だくになりながら作業終了。

そしてなんと、もう枯れるかと思っていたキュウリに花が咲きました!!
CIMG0524-1.jpg

何とかなりそうなので、しばらく1週間ごとに液肥を施す方向で行きたいと思います。
とにかく伸びてくれないと・・・。


それから少し心配なのがほうれん草。
CIMG0522-1.jpg

かなり間引きをしたのですが、成長におっつかない上に、どうやらべと病にかかっている株があるようです。
耐病性の品種にしたのですが、原因は密集のし過ぎの上、雨続きで、地面が乾く間もないことだと思われます。
毎日間引いて、信徒さんに配ったり、味噌汁の具にしたりと大活躍なんですが、これ以上調子が悪いと、一気に抜かなきゃならないかも。

さらに、小さいくせにとう立ちしつつある株もあるので、しばらく毎日経過を見守らなくては!

やっぱり、「夜昼寝起きしているうちに収穫」とはいかないようです、イエス様。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。