スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧師に社会経験は必要か



近頃こんなことが言われる。
“牧師が世間知らずで困る”“やっぱり社会経験のある牧師でないと”

ぼくもかつてはそう思っていたし、普通の会社ではないけれども、少しは社会で働いたことがあることで安心していた。

しかし、最近そのことに少々疑問を持つようになった。


なぜなら、たった2~3年の社会経験で、会社とか団体とかの組織がわかってたまるか、と思うからである。
“社会経験があって若い牧師がいい”というのは、かなり矛盾した考えだと思う。
後から牧師になるつもりで勤められるほど、会社というのは、正社員というのは甘いものではない。
(フリーターなら可能だけど)
2~3年で牧師になるので辞めるつもりですという人が、それを表明したうえで採用の面接に受かるとは思えないし、ぼくが人事担当だったらそんなやつは願い下げだ。

本気で勤めて、勤めて、それから方向転換して、牧師になる人というのはそう多くはない、というかほとんどいない。
例えば会社に勤めていて、40台半ばくらいの油の乗った時期に退職して牧師を目指したというなら、その人は間違いなく“社会経験がある”と言えるだろう。
そして、教会という業界の中では間違いなく“若い”
でも、そんな人はレアすぎるくらいレアだ。

だから、“社会経験がある”という場合、“60歳で定年退職して、第2の人生として牧師を目指す”人か、“2~3年勤めた(フリーターとしても含む)後で、牧師を目指す”人の2つに絞られる。
この2つのケースは割とありふれている。(ぼくのそのカテゴリに入るだろう)

でも、定年退職後の人は、それまでの経験が強すぎて、うまく自分を捨てられるとは限らない。
教会は会社ではないから、会社の論理だけでやるなら、かならず振り落とされる人が出る。
逆に、若者の2~3年の経験を“社会経験がある”というには、あまりにお粗末だろう。

それだったら、牧師としての牧会経験が長く、しっかり下積みをして育てていったほうが、後のためにはよいのではないかと思うのだ。
大学(高校)卒業後、すぐに神学校に行き、卒業したら牧会に遣わされる。
場合によっては30代半ばだが、牧会経験10年以上という、牧師だってありえる。
もちろん、多少常識に外れたところがあったとしても、それはその人が信徒の話をきちんと聞く姿勢さえ持っていればいくらでもカバー可能なのではないか。

そもそも、ぼくは“牧師になる前に社会常識を身につけていなくてはならない”という考え方に懐疑的だ。
だって、うちの教派における牧師は、半分出家みたいなものだもの。
というより、それを要求されるというべきか。

なので、むしろ“ちょっとくらい社会常識に欠けている”ほうが、ありがたいのではあるまいか。
支える周りがしっかりしていればいいだけの話である。
(牧師がいろいろな意味で超越している人で、奥さんがあっての牧師さんなんてのはざらにある話だろうと思う。その場合、奥さんの負担は相当なものなんだけど)


理想的な牧師を求めるよりも、“今いる牧師をどうやって使うか”とか“どうやって成長させるか”というほうに考え方を向けたほうが、生産的なんじゃなかろうか。

前にも書いたけれども、ぼくは“キリスト教は目の前の現実に対応するもの”だと思っている。
だから、減点法でないものねだりをするのじゃなくて、手持ちの札でどんな勝負ができるか考えようよ、ということなのである。

というわけでぼくは“牧師には社会経験はあまり必要ではない”と思う。
それよりもよっぽど、人の話を聴くこと、激さないこと、聖書を読んで黙想ができることのほうが大事なんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。