スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直に冠を被らず

教会において、ちょうど一回りくらい下の若者たちと活動を共にすることが多い。
自分の年齢的なことはさておき、自分と同世代の人がきょに少ないこともあるのだが、同世代の人と話が合わないってこともある。
自分の幼児性をさらけ出してるようでいやだけど。

最近、教会において、教養的なことを口にしても、わかってくれることが少なくなったように感じる。
これは、決して年齢的な傾向ではないと思う。

とある教会で、中高生のキャンプの時、聖餐式の説教を担当させてもらった。
中高生が増えた以外は、その教会のレギュラーメンバー。
御多分に洩れず、平均年齢70歳である。

少しは笑っていただこうと思って、少しネタを折り込んだ。
若い衆にはわからないかもしれないが、「直に冠を被らず」とやったのである。
しかし、誰も笑わなかったし、後でのツッコミもなかった。

後に原稿を見た(説教要旨を教会のサイトに毎週あげてる)父から、「お前、わかって使ってるんだろうな」というツッコミをもらったのみである。
スタッフたちに確認したところ、「そういうことわざがあるんですね」ということだったorz

誰も「梨下に冠を正さず」という故事を知らんのか?
志ん生の落語のネタを知らんのか?

マジか、と思った次第なのである。
この手のネタが使えないとなると、説教の時の話が限られてしまうような気がする。
少なくとも、世代間を横断して笑えるようなネタを提供するのが難しい。

それって、福音を、世代を越えて伝えるのにとっても障害になるのではないだろうか。
そんなことをつらつらと思ったのである。
杞憂ならいいのであるが、世代間の言葉が通じない傾向は、若ければ若いほど顕著であって、かなり気になっているのである。

がんばろ。
スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。