スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生はミスマッチ

大学生の就職活動が始まるのは早い。
早ければ3年生のこの時期から活動を始めている。

自分はまともな就職活動をしたことがないのでよくわからないが、その中には適性検査だったり、エントリーシートだったり、説明会だったり、面接だったりと、さまざまな場面があり、それを突破して彼らは就職をすることができる。
もちろん資格のいる職業の場合は、資格をとり、試験を受けて採用、ということだってあるだろう。

ぼくは紆余曲折を経て、生まれた地を離れて、この北国で牧師をしているが、少なくともわかっているのは“ぼくには牧師の適性が無い”ということである。
どう考えても、向いている理由より、向いていない理由のほうが多く思いつく。
怒りっぽいし、わりと人見知りな方だし、言葉遣いは乱暴だし、頑固で尊大と、よくもまぁ、これほど向いていないことをしているもんだ、と思う。

大学のサークル仲間などは、一瞬固まった後、爆笑だったし、ぼくの母教会の信徒たちは喜びより驚きのほうが強かったように思う。
“あいつは向いてないからやめさせろ!”とありがたいことに方々に言ってくださったご仁もいた。

でも、それで多少の不便を感じたとしてもそれなりに楽しくやれている。

人生それでいいのである。

「わたしたちは学校の選択を間違え、就職先を間違え、配偶者の選択を間違う。それでもけっこう幸福に生きることができる」(内田樹)

間違いの無い人生など存在しないし、全部うまく選択できるわけも無い。
間違いをしないようにと身を固くしてるより、間違えてもいいからやってみるほうがいい。
それで、間違えて落ち込まなきゃなおいい。

自分は都会で生まれて、特に農作業を見てきたわけでも、手伝わされたわけでもない。
趣味的に、梅干を作ったりベーコンを作ったり沢庵を作ったり、家庭菜園を本格的にやったりしているが、古くからの友人たちは、ぼくがそういったことを趣味にしているのが信じられないようである。
でも、やってみたら面白かったから、以外の理由が見当たらないし、スパイスの調合を考えたり、肥料の頻度を考えたりするのは楽しい。
それに、野菜も手作り食品も、自分で作ったものは格別である。

作ってみてから気がついたが、こういったものは、実は普通に買うほうが安い。
だけど、その手間隙かけたこととか、過程も含めるとpricelessなのである。

はっきり言ってしまえば、自分に向いているか向いていないかを悩んでる時間がもったいない。
仕事だったら頼まれたらイヤとは言えないことも多い。
失敗したとしても、明らかに向いていないぼくに頼んだ人が悪いので、その辺はもちつもたれつで行こうじゃないかと思う。

とりあえず頼まれたり期待されたりしたことをやってみるしかないのである。
頼られるとがんばりたくなっちゃうし。

それに、絶対に自分に適正があって、向いてる唯一無二の仕事なんて無い。
もし向いている仕事をしている人がいるように見えたら、多分その人は、時間をかけてその仕事に向くように、自分を変えてきたんじゃないかなぁと思う。

だから“人生はミスマッチ”だけど、“そのうちマッチしてくるから心配すんな”ということなんである。
まぁ、何十年後かは知らないけど。

ということを、今の若い人たちと教会で付き合いながら思ったのである。まる。
スポンサーサイト

非国民

“非国民”という言葉を聞くと、戦争を思い出す。
・・・というより、聞いたことのある“戦争の話”を思い出すというべきだろうか。

戦時中、女性がスカートをはき、口紅をつけていると言われたそうだ。
「そんな格好はやめるべきだ。前線で戦っている兵隊さんの苦労を思うべきだ。それがわからないあなたは非国民だ」

今、この言葉を聞いたあなたはどう思うだろうか。
ぼくは、このロジックが“おぞましい”と思う。

そして、戦争は終わり、自由の時代がやってきた・・・ように見える。

が、こういった言動は形を変えて生き残っていると思う。
今だったら「節電しないあなたは非国民だ」だろうか。

とある教会に赴任しているときにかけられた言葉だ。
「おれたちは、週に六日働いて、日曜に教会に来ている。毎日休みがない。そんな人たちはたくさんいる。だから牧師が休みをとったり、ダラダラしているのはいけない。そんなやつは牧師ではない。そんな資格はない」
「信徒の中には、年金暮らしでかつかつの生活の中で献金をしている。あなたは牧師で、その給料は献金の中から支払われているのだから、娯楽にお金を使ってはいけない。そんなやつは牧師ではない。」
「牧師が独身で、若い場合は、可処分所得が多いのだから、給料の半分は教会のために使ったり、慈善事業のために寄付をしたりするべきだ。信徒の中にはかつかつの生活をしている人もいるのだ。それができないやつは牧師になるべきではない」
「牧師が車を持っているのはぜいたくである。百歩譲って車を持つのなら軽自動車にするべきだ。信徒よりいい車を持っているのは、いい牧師ではありえない。」

これらの言動の中に、先ほどの「非国民だ」という言葉と違うロジックがあるなら教えてほしい。
今の節電だってそうだ。
「ほしがりません勝つまでは」という言葉と、何の違いがあるだろうか。

自分がそのように感じて実践するのはいい。
ただ、それを他人に要求するべきではない。
それは、どんな社会的な立場がある人相手でも変わりはない。

ぼくはそう思う。
これらの言葉の背後にあるのは、自らの“絶対正義”である。

例えば、牧師がその言葉によって感化され、生活をつつしみ、給料の半分以上を寄付し、軽自動車に乗っていたとしたら、彼は言うだろう。
「おれは、あいつが若い時に言ってやったんだ」と。

逆に、彼がその忠告に耳を貸さずに何ほどか失敗したとしよう。
そうすれば彼は言うだろう。
「俺の言うことを聞かないからだ」と。

別に失敗しなくとも、言うことを聞かなかったとすれば
「あいつは、もののわかっていないやつだ」と周囲の人に言えばいいだけの話。

自分はいつも正しい位置をキープしていられる。


そんな、高みから降りてこないような言動が、今教会の中にはびこっているのではないか。
そんな牧師の扱いを見てれば、“牧師になりたい”などという奇特な人間が出てこなくて当たり前ではないのか。
もし、万が一いたとしても、そんな状況の教会に放り込まれれば、精神崩壊するんじゃね? と思うのである。

今日の福音書は、種まく人のたとえだった。
通常、このたとえは、「まかれた地(人)がどういう土地(人)かが重要であり、わたしたちはいい土地であるようにしましょう」という言葉だ。
でも、今日話をしたのは、わたしたちがもし、種まく人だとしたら、自分の蒔いた種がどんな地に落ちるかはわからない、という話だった。

なるほど、と思った。
人生は、絶対に、思い通りにはならず、自分がどう思っているかということなど吹き飛ばしてしまうかのような残酷な結果になることもあるものだ。

そして、世界はぼくが思っているよりも広く、ぼくを包み込んでくれる。
ぼくがどう思っているかに関わらず。

世界は絶対に自分の思い通りにはならない。
だからこそ、世界は面白い。
そして、生きている甲斐がある。

ぼくはそう思う
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。