スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援とは何ぞや?

年末年始に、被災地「釜石」へ行ってきた。
自分を含めて5人と一緒にでこぼこ珍道中。


もちろん色々あったのだけれども“支援”ということについて色々と考えさせられたことをつれづれながら書いてみる。

ぼくは、こういった支援というのは“眉間にしわを寄せながらやる意味はない”と思っている。
やるほうもしんどいし、受けるほうもしんどい。正直息苦しい。
まぁ、マゾなら別だけど、ぼくには向かない。

“支援に来たんだから”“遊びに来たんじゃないから”と、まじめな人は思っちゃうんだろう。

「観光に来たんじゃないから、お土産を買うなんて」
「支援しに来たのに、遊んじゃいけないんじゃないか」
「何でまじめに仕事をしないのだ」

どこのボランティアセンターでも、多分こんな会話があるに違いない。
でも、ぼくはそんな「支援に来た」という“大真面目”な感覚に、とっても違和感を覚える。

釜石に限らず、どこも、直接被災していなくても、東北各地は影響を受けている。
だから、例えば、現地でお土産を買うことによって、その地の経済が少なくとも回る。
人が行くことによって、雇用が増える分野もある。

ぶっちゃけた話、人が行って住むだけで、多少なりとも効果はあるんじゃないかと思う。

東北のほとんどの都市は、震災のあるなしに関わらず、駅前はシャッター通り、人口は減って、若い人は都会に出て・・・。
というような状態だった。
そこに震災の被害。



果たして“復興”する、って言ったって、元通りになっても“シャッター通り”なんですか?
街が閑散とした状態になっちゃうんですか?
元通りに“復興”する意味ってあるのかな、ととある東北の牧師さんは言う。
復興と支援、その意味を考えてしまう言葉だった。


ベタな言い方になりますが、ぼくは“支援しに”行くのなら、“遊びに”行ってほしいと思う。
だって、何か大丈夫なところから“手助けする”よりも、“知り合いになった人のところに遊びにいく”感覚のほうが、かえって長続きするから。

“いいこと”をしている感覚があると、賞賛の言葉を期待するけど
“知り合いに会いに行く”のなら、“一緒にいることができて楽しかった”という感覚を共にできるのだと思う。

釜石にしばらく滞在して帰るとき、よく言われる。
“また来てくれるよね”“また遊びに来てね”“また会えるよね”


図らずもできてしまった、この人とのつながりが、ぼくを何度でもこの地に結びつける。
多分、5年後、10年後にもまた訪ねるのだろうと思う。

できれば保育園の子どもたちが大きくなるところを見たいと思う。
仮設住宅がなくなって、アパートなりなんなりの、その場所に訪ねてみたいと思う。

それでいいんじゃないかと思う。

“眉間にしわをよせて”“一生懸命”“支援”するのなら、
“のんびりと”“若干ちゃらんぽらんに”“遊びに行く”のが、結果的に息の長い支援につながる。
まぁ、ちゃらんぽらんすぎても困るけど、そこそこ締めておけばいいんじゃないかなぁ。

まぁ、怒られそうだけど。
スポンサーサイト

完璧な援助を求めて

東日本大震災が起こってから1ヶ月以上が経過した。
状況は多少は回復し、物流が動き始め、生活インフラの復旧が始まっている。
もちろん、以前のような生活をすることができる地域、できない地域の温度差はかなりあるのだろう。

ボランティアに行く人々もぼちぼち動き始め、現地に拠点を作ろう、という動きも始まっている。

今回の地震に対するボランティアについて、広く人口に膾炙されたことがある。
それは“ボランティアは迷惑をかけてはいけない”ということだ。

要するに“善意の押し売り”にならないようにしよう、ということなのだろう。

現地のニーズに従い、こちらからあまり提案はせず、食料・宿舎等は自分で手配するという、自分で完結した形のボランティアが求められているのだ。
このことは勿論大切なことで、常に心がけていなくてはいけないと思う。

ただ、こういった“支援のご作法”は、大量の“口だけ批評家”を呼ぶ。

彼らは口をそろえて主張する。
こんなやり方はダメだ。もっとああしろ。もっとこうしろ。

う~ん、援助って、完璧な形じゃないとダメなのかなぁ、とふと思った。

もちろん、準備は必要だし手配も必要。
だけれども、それだけじゃ何となく壁ができてしまうような気がしてならない。
どこかの部分では頼らざるを得ないということはあるだろうと思う。

義捐金にしろ物資にしろ、直接の手伝いにしろ、一長一短で、いつも現地のニーズに適しているかはわからない。
刻一刻と変化するニーズに応対することは非常に大変だし、現時点で現地のスタッフにその情報を発信することを強いるのはとても酷なのではないかと思う。
だって、彼らもまた被災者なのだから。

わたしたちは支援をする時、完璧な、効果的な援助をしたいと思う。
でも、多少の無駄が出ることは否めないし、物資だってきっと今日と明日で必要なものは違うだろう。
正直に言えば、そんなニーズに対応することは現状の体制では難しいということだ。
近場に広い物資の集積所を持ち、無駄になるかもしれないことを覚悟でそこに多くの種類の物資を集積し、ニーズに合わせてすぐ送るという体制にするのが一番効率が良いだろう。
しかしそれでも、物資がだぶついてしまったり、結局最終的に必要ではなくなってしまう危険を伴う。

また、現地に近いところに現金を集め、即買って送るというのも一つ。
そして、物資に関しては半ばあきらめるというのも一つの方法だ。

とにかく、わたしたちに急務なのは、完璧な、効率的な援助を行うためには、人手も場所もリソースも足りないということを認めることなのではないだろうか。
少なくともうちの教団と教区にとっては。

この何日間か考えて思ったのである。
うん、これで“評論家”の出来上がりだな。
クソ食らえ、自分。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

北のサムエル

Author:北のサムエル
とある北国のとある地方都市で働くキリスト教の牧師です。思いついたこと、感じたことを、気の向くまま、心の向くままに書き散らします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。